審美歯科

審美歯科~銀歯を白い歯に~

審美歯科~銀歯を白い歯に~

目立ちやすい銀歯などの金属製の詰め物や被せ物のせいで、笑顔をためらっていませんか? 不自然に見える銀歯は、セラミック素材などによる白く美しい人工歯に交換ことができます。また、金属製の詰め物は金属アレルギーや、メタルタトゥーの原因にもなります。

東武東上線ふじみ野駅直結の歯医者「飯島歯科医院」では、歯の機能と自然な美しさの回復の両方に重点を置いた審美歯科メニューをご提供します。

銀歯が気になっていませんか?~審美歯科~

銀歯が気になっていませんか?~審美歯科~

保険診療によるむし歯の治療には、金属製の詰め物や被せ物を装着することがあります。保険診療は治療費の一部負担だけで済み、比較的早く歯の機能回復ができます。しかし、白い歯列の中で黒ずんだ銀歯は目立ちやすく、口元を隠しがちになる方もいらっしゃいます。また、銀歯には見た目以外にもさまざまなデメリットがあります。

銀歯のリスク

お口の中は飲食のたびに「酸性」に傾いたり「中性」近くに戻ったりを繰り返しています。口腔内に金属性の詰め物や被せ物があると、経年によって成分が溶け出してしまい、金属アレルギーを引き起こす可能性があるのです。

【銀歯のデメリット】
  • 見た目が不自然です
  • 金属アレルギーの心配があります
  • 歯と金属の詰め物にすき間ができてしまい、むし歯が再発することがあります
1日で白いセラミックの歯を

1日で白いセラミックの歯を

セラミック製の人工歯は、天然歯に近い透明感や色調が再現できるので美しく仕上がります。セラミックとは、陶器などに使われる白い素材です。作製の際には歯型を取り、歯科技工士によって一つひとつ手作業でつくられます。そのため作製に時間がかかり、実際に装着するまでには1~2週間かかる場合がほとんどでした。しかし、技術の進化により、セラミック製の人工歯が作製から装着までが最短1日できるようになっています。それが「セレックシステム」です。

セレックシステムの特徴
  • 詰め物や被せ物を短時間で作製できます
  • セラミック素材を使うため金属不使用です
  • 自然な見た目を実現できます
  • 噛み合わせが良好です
  • 作成にかかるコストを抑えられます
セレック治療の流れ
STEP 01 口腔内スキャン
むし歯部分を除去したあと、口腔内を専用のカメラでスキャンします。これまでのような型取りの作業が不要です。
STEP 02 設計
スキャンして得られたデータをもとに、コンピュータを使って噛み合わせを考慮した人工歯を設計します。
STEP 03 作製
ミリングマシンという機械にセラミックのブロックをセット。コンピュータによる設計データをもとに自動で人工歯を削り出します。
STEP 04 装着
最短で歯を削ったその日のうちに、精度の高いセラミック製の人工歯を装着できます。
審美歯科メニュー
前歯の治療法
ラミネートベニア
  • ラミネートベニア

    ラミネートベニア

  • ラミネートベニア

    ラミネートベニア

前歯の表面をわずかに削り、シェル状に加工した薄いセラミックの板を貼りつける処置です。健康な歯質を薄く削らなければなりませんが、白くきれいな形の前歯にできます。金属不使用です。

ジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドと呼ばれるほど強度が高い、ジルコニアを使用したセラミック製の人工歯です。白くきれいなうえ耐久性に優れているため、ブリッジ治療(連結した人工歯)にも対応。前歯と奥歯の両方に使用可能です。金属不使用なのでアレルギーの心配がありません。

オールセラミック
  • オールセラミック

  • オールセラミック

天然歯に似た透明感や色調を再現できるのがオールセラミックです。素材はセラミックのみで構成されており、前歯だけではなく奥歯にも使用できます。

セラモメタルクラウン(メタルボンド)
  • セラモメタルクラウン(メタルボンド)

  • セラモメタルクラウン(メタルボンド)

金属の表面にセラミックを焼きつけて作製する被せ物です。金属を用いるため強度が高く、ブリッジ治療にも使用可能です。セラミックを使用しているため審美性も非常に高く、歯科技工士の手により周囲の歯の色や形となじむように作製いたします。

コンポジットレジン
  • コンポジットレジン

  • コンポジットレジン

むし歯部分を除去したあと、ペースト状のレジン(歯科用強化プラスティック)を歯に直接盛り上げて、特殊な光を照射して硬化させる治療法です。小さなむし歯の治療に適しており、症例によっては保険適用となります。

奥歯の治療法
ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスティック)を混ぜた素材で詰め物や被せ物をつくります。適度なやわらかさがあるので噛み合う歯を傷めません。症例によっては保険適用されます。

ファイバーコア・ポスト
  • ファイバーコア・ポスト

  • ファイバーコア・ポスト

神経にまで達した重度のむし歯の治療では、被せ物を装着するための土台(コア)を装着します。金属ではなくグラスファイバーを芯にしているので、光の透過性があり被せ物の透明感を損ないません。また、適度なやわらかさがあるので歯根を傷めにくいのも特徴です。

セラミック、オールセラミック
  • セラミック、オールセラミック

  • セラミック、オールセラミック

セラミックは強度が非常に高いため、噛む力の強い奥歯の治療に最適です。また、審美性に優れている・金属アレルギーを引き起こす心配がないなどのメリットがあります。

ジルコニア

中身にジルコニアを使い、外側にセラミックを使用した被せもののこと。 ジルコニアは人工関節にも使用されている素材なので、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。 また宝飾品に使われるほどで、大変美しく仕上がります。より一層の美しさを求める方におすすめです。